前へ
次へ

会社員が不動産投資を行う時のデメリット

会社員が不動産投資を行う際に、デメリットもあります。
イージーな動機で不動産投資にチャレンジすると後悔の念に駆られる可能性もあることから、あらかじめチェックしておきましょう。
まず価値低下による収益減の可能性があります。
価値は一定ということではありません。
マンションや一戸建てなどに関しては、築年数やニーズ低下などの影響により資産価値がダウンします。
価値がダウンすると、住居の家賃も減額されるため、収入が少なくなってしまいます。
月ごとのローン返済額に対しまして収入が少なくなってしまうかも知れません。
そうなってしまうと、家庭の経済状況に影響が及ぶことも考えられます。
以上のように、確実に高い収入を得られるという保証はないことを頭に入れましょう。
また、空室や入居者トラブルが想定出来ます。
空室期間が長くなると、その分だけ収入が減ります。
そして、空室期間が短期間でも、入居者のクオリティーが悪いと、未払いや住民トラブルにより、消耗してしまうでしょう。

Page Top