前へ
次へ

会社員でも不動産投資ができる理由

不動産を手に入れるため、ワンルームのマンションであったとしても1000万円ほどの金銭が要ります。
しかし、不動産投資であればローンを利用することによってほとんど全額を調達できることから、スタートしたいと考えた時にいち早く始めることができます。
年収額が500万円でもローンが設定できます。
会社員と言っても、ローンが設計出来るのはしかるべき年収額がある人だけではないかと感じている人もいるかもしれませんが、現実には年収額500万円といったオーソドックスな会社員でもスムーズに融資を受けられます。
通常の場合、融資を受けるケースになると当人の年収額や勤続年数など支払いする能力に従って審査されることから、高額融資を受けることはハードルが高いです。
しかしながら、不動産投資ローンにおいては、入手する不動産そのものを担保に入れるため、当人の年収額が500万円でも物件の担保価値によりまして融資を受けることができます。

Page Top